ラインの使い方、ブロック

ラインでは一度友だちとして登録したユーザをブロックすることができます。ブロックはなんらかの理由で連絡を取りたくないという場合に使うもので、様々な状況で使用できると思いますが、やはりブロックですから拒否反応を示すのが一般的でしょう。
またラインの場合はただ単にブロックする、つまり相手にもブロックがわかる、という単純なものではありません。ラインのブロックでは相手にブロックしたことが通知されることがありません。またブロックした相手からトークが来た場合も、相手からは送信されたように見えます。また自分には実際にはメッセージが届きませんので、既読文字が表示されるようなこともありません。ブロックしているためにいつまで経ってもメッセージが読まれていないように見えるのです。
ブロック設定の使い方も簡単です。ブロックしたいユーザを選択し、左下からブロックをタップするだけです。また解除の使い方も簡単です。頻度の高い場合にも充分に対応できる使い方です。
ブロックした相手から通話が来た場合は、「あなたの利用するアプリのバージョンが音声通話に対応していない」、というような内容が表示されますので、反応が早い相手であればブロックがわかってしまうかもしれません。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

No tags for this post.
カテゴリー: line(ライン) パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク