viberとline、3g

viberもlineも、3gではなかなかうまく通話できないという場合が多いようです。skypeももともとはWIFI対応でしたし、最新のアプリとはいえやはり回線速度によっては使えません。
3gと言えば、速度はどれくらいかは気になりますが、専用のツールなどで計測してみた場合、早くても1メガをちょっと超えた程度の速度のようです。これに比べてWIFIでは、40メガクラスのものも多くありますし、その倍のものも登場しています。つまり40倍の違いがあることになります。
viberもlineもパケット網同士の通話専用です。これに対して、skypeや050plusの場合は固定電話などにもかけることができますが、こちらもやはりWIFIでないと使用できないといわれる方は多くいらっしゃいます。
3g上でブラウザを起動してみて、比較的軽量のサイトをブラウズした場合と、WIFIとを比較してみるとかなりその違いが明確です。ローカルで音声を素早く圧縮してからデータネットワーク上に転送し、相手に届いたデータをまた解凍するのですから、ネットワークにはある程度の余裕がなければなりません。viberやlineのアップデートがあるたびにチェックはしているんだが、という方も多いようです。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: viber(バイバー) タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク