viberとハンズフリー

viberの操作方法はとても簡単です。スマートフォンに搭載されている通話用アプリの使用感でほぼ通すことが可能です。
ミュートボタンはこちらの音を相手に聞こえないようにする機能で、しばらくお待ちください、といったような効果と同じです。また、キーバッドはナビダイヤルなどで使用できるものです。
viberでスピーカーボタンを押すと、ハンズフリー通話が可能になります。ハンズフリーとは、スマートフォンを手に持っていなくても通話ができるようになる機能で、相手の音声がスピーカーから出力され、またこちらの音声についてもマイクから拾います。ブルートゥース用ヘッドセットを使用しているのであれば、もちろんハンズフリーと同様の効果を出すことができます。その他、ホルドや電話帳の確認ボタンがメインで表示されます。
これらのうち場合によってはタップしても動作しないものがありますが、ハンズフリーや保留などは常に使用できるようです。
viberでの通話を終わらせるには、一番下にある End ボタンをタップするだけです。一般に物足りないと言われるのが、通話品質が悪い場合になにか対策をするようなボタンが欲しい、という方は多いようですが、現状は特に遅い回線で我慢しなければなりません。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: viber(バイバー) タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク