viberと災害時

viberは無料通話が可能ですが、
やはり災害時に電話回線がパンクしそうになったり、
基地局が安定していないなどの場合には重宝するでしょう

実際に東日本大震災の時にも、
viberと同じようなアプリを使用して連絡を取り合う方は多かったそうです。

もちろん電話番号さえわかればすぐにでも電話ができるというものではなく、
予め電話帳に登録してある相手にしか通話ができませんが、
災害時用に保存しておけばいいですし、
あるいは常に使っている番号以外にはほとんどかけないでしょう。

また災害時では3Gなどの回線もパンクしそうだ
というケースは充分に考えられますので、
できればWIFIなどを使用できるようにしておきたいものです。

他のアプリと比較してみると、
例えばskypeではオンライン状態にしておかなければならず、
その分バッテリーの消費が痛い、ということになりがちです。

また他にもviberのようにプッシュ通知はできても、
音声の品質はあまりよくない、というものも目立ちます。

災害時には連絡の有無が命取りになる可能性を左右するケースもありますので、
できれば色々なアプリを導入しておきたいものです。

viberのようなアプリは数えただけでも10はあるでしょう。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: viber(バイバー) タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク